令和三年白川学館元朝祭ご報告

新年明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

白川学館では元旦の一日から三日までの三日間、甲府里吉の祝殿で元朝祭を執り行いました。

新年一月は、一日目は元旦当日を、二日目は一月一か月を、三日目は今年一年間を、祓い、清め、予祝すると白川では伝えられています。祭祀会場では、兌館入口に検温器を設置、祝殿入口では除菌クリーナーを設け、参加者各自の体調管理に万全を期しての祭祀斎行となりました。

今年は元朝祭の三日間すべてに参加された会員様も多く見受けられ、直会では今年一年の予祝にぴったりの「金箔入りのお屠蘇」「黄色の甘酒」そして「丸餅のお雑煮」が振舞われ、皆さんでおせち料理とともに美味しく頂き、参加者一同、七沢代表の究極のおもてなしを楽しんでいただけたようです。

今年一年が皆様にとっても平安清明な一年でありますよう、白川学館スタッフ一同、心よりお祈りいたしております。