白川学館には「祓いに始まり、祓いに終わる」という言葉があります。この言葉を見てもお分かりのように、始まりと終わりは「祓い」です。白川学館の祓いの世界は、高等神事(神拝作法)の階梯を極めていく際、常に隣杖となるものです。どの場面でも、祓いの世界が白川からなくなることはありません。

◆朝拝・夕拝
白川学館では、祝殿にて朝拝・夕拝をはじめ、各種祭祀を執り行っております。ネットを通して祝殿とライブで繋がり、ご自宅で朝拝、夕拝、そして、各種祭祀にご参加いただけます。

■朝拝
①9時に祓詞奏上開始
②祓詞奏上後(9時30分頃)、七沢代表のお話
③七沢代表のお話が終了後、自修鎮魂を10分間行います。

■夕拝の流れ
15時30分より祓詞奏上を開始

日々のお祓作法を実践していくことが、高等神事(神拝作法)の階梯を習得していくことに繋がり、ご修行を通しての神を掴む体感や体得が、日々のお祓作法の中身をより高度にしていきます。この二つの相乗効果により、白川の世界はどこまでも深く、そして、どこまでも大きく拡げていくことが可能です。

祭祀          >
鎮魂          >
祝殿講習(ボディワーク)  >
神拝作法        >